穿刺手技を知ろう

血管確保のポイント

血管確保のポイント

採血や抹消静脈注射、点滴注射を行なうときには、
血管の選択が大きなポイントになります。

 

ですが、経験の浅い新人看護師にとって、
的確な血管を見極めるのは難しい現状があります。

 

血管確保ができず、血管壁を突き破ってしまったり、
狙った血管に穿刺できないなどのトラブルを避けるために、
大切なのはまず良い血管を選択することが
血管確保のポイントになります。

血管は見て触る

血管を目視するだけでは、その血管の弾力が判別できません。

 

青緑に見えていても、いざ針を刺してみると血管が逃げてしまうこともあります。

 

血管壁が硬くなっていたり、危うくなっている高齢者や
栄養状態の悪い人に、このようなことが多く見られます。

 

ですから、血管は、目で見て指で触れて探すことが必要です。

 

・良い血管とは

 

良い血管は、触ってみるとぷっくりもり上がっているのが分かります。

 

実際に指で触ってみて、盛り上がっていて弾力があることを確認しましょう。

 

弾力のある血管であれば、針を刺したときに逃げてしまう可能性が少なくなります。

 

目視では色が薄くても、触ったときに十分怒張していれば、
穿刺に適した血管です。

 

・血管の弾力が低下する原因

 

循環動態が悪い。

 

コレステロール値が高い。

 

栄養状態が悪い。

 

脱水がある。

 

高齢であり、血管が老化している。

まっすぐな血管を選ぶ

穿刺する血管は、弾力があり、なるべくまっすぐ走行している血管を選ぶようにします。

 

蛇行している血管は、穿刺のときに針をまっすぐ血管内に進めることができず、
十分な深さまで刺すこと難しくなります。

 

そのような状態で無理に針を進めれば、
血管壁を突き破ってしまうことにもなりかねません。

 

また、蛇行している血管だと、
留置の場合、針先が入っても外筒が挿入されないことがあります。

 

内針が刺さった間隔があっても、先に進めようとしたとき
抵抗を感じた場合は、
外筒が血管内に入っていないことがあります。

外側、手背にも血管がある!

一般的に、前腕の肘の内側にある3つの静脈「正中皮静脈」、「橈側皮静脈」、
「尺側皮静脈」を選択します。

 

ただし、肘尺側皮静脈は、その付近に神経や動脈が走行していますし、
可動部位でもあるので最終選択とします。
また、肘尺側皮静脈の留置は、長期間になる場合も避けます。

 

さて、前腕内側正面だけでなく、外側、手背など確認してみると、
まっすぐに走行している張りのある血管を探すことができます。

 

少しでも条件の良い血管を見つけ出します。

 

また、どうしても上肢の血管が選択できない場合は、
下肢の足背に表在する静脈に留置することも検討します。

 

・穿刺に適している前腕の血管

 

橈側正中皮静脈、尺側正中皮静脈、橈側皮静脈、前腕正中皮静脈

穿刺を避ける血管

・重度のアトピー性皮膚炎のある部分

 

・火傷のあと、縫合痕がある部分

 

・乳房切除を受けた側の腕

 

・血液透析の使用中シャントがある腕

 

・輸液中の部位より中枢側の血管

 

・頻回や採血、化学療法の副作用によって硬くなった血管