穿刺手技を知ろう

血管が浮き出ないとき

血管が浮き出ないとき

血管が浮き出ないときは、解剖生理学的に血管が走行していると考えられる部位を
指で触って探し、穿刺部位を心臓よりも低くしてから駆血帯を巻きます。
マッサージをしたり、体位を変更するのも有効です。

 

それでも触れないときは、穿刺部位や指先を40℃前後のホットタオルで
5分ほど温めます。

 

温めると循環がよくなり、血管が浮き出やすくなります。

 

特に寒い季節や室温が低い部屋では、
血管が出にくくなるので、事前に腕を温めておくと血管が浮き出やすくなります。

 

・血管が浮き出ないときの対処法

 

肘を曲げる角度を変える。

 

駆血帯を締める位置、強さを変える。

 

手首から中枢に向かい、前腕を数回マッサージする。

 

臥位の患者さんの場合は、体位の変更が可能であれば座位にする。